ひらログ

おひまつぶしにどうぞ。

こぼれるほど

 徹夜でレポートを書こうと思い立って、カルーアミルクを作って、気分よく飲んで、そのまま寝入るのが、習慣になりつつあります。早めに設定しておいたアラームが鳴った1時間後くらいにようやく起きるところまでが、お決まりの流れです。

 よくカルーアミルクを作るわりに、腕は上がりません。いつも、計量した牛乳を注ぎ終わらないうちに、水位はもうこぼれそうなところに達しています。グラスの容量と氷の体積を把握していないことが原因であるのは明らかです。よくばって大きく見積もるといけないようです。

 しかたがないからひとまず牛乳だけ飲んで、空いたところにカルーアを入れます。するとだいたい濃くなりすぎるので、少し飲み進めたところでさらに牛乳を足します。そんなことを繰り返し、ねこまんまほどの粗雑さでステアした液を口に含むと、明日までにしなければならないことも、明日の私がどうにかしてくれるような気がして、歯を磨いてベッドに倒れ込みます。以上がおすすめのレシピです。