ひらログ

おひまつぶしにどうぞ。

7時77分

 インターネット上のレポートの提出期限は23時59分59秒。私の受けてきた授業はすべてそうでした。一日が終わるぎりぎりまで悪あがきを許してくださる先生のお気づかいにお応えすべく、58分ごろまで戦います。ただし、1秒でも締切に遅れたらおしまいです。デジタル式の時間は、甘ったれた学生にはおかまいなしに刻まれます。

 進歩したといわれる生活様式のもと、われわれは時間を可視化し細分化してきました。本来はひとつづきの流れであるということを、ときに忘れてしまいそうになります。

 平成生まれの私には想像することも難しいけれど、いまを昭和92年と数える感性の持ち主がいるのかもしれない。夏休みのなかを駆けまわる小学生の心に、8月32日はおとずれるのかもしれない。離れがたく思いあう恋人たちに、やっと会えた週末の夜は24時、25時とつづいてゆくのかもしれない。

 そんなことを考えて夜ふかしをしてみても、やはり朝はやってきてしまうから、おとなしく寝ます。