ひらログ

おひまつぶしにどうぞ。

君はあのときの

 「お砂糖はおひとつでよろしいですか?」に「ふたつください」と答え続けていたら、はじめから紅茶にふたつ添えてくれるようになった店員さんがいました。「おふたつで?」と笑いかけられるのが好きでした。

  私のごとき「奥手なおじさん」は「店員が親しげに接してくるとかえって引いてしまう」というのが妹の見解です。けれどほんとうのところ、奥手なおじさんだって優しくされたら嬉しい。

 お仕事中の人がマニュアルをはみ出す瞬間に、ぐっときます。定型の挨拶以上のことばを発したり、言い間違いにはにかんだりするとき、人は無防備な素顔を晒すように見えるのです。

 「この前もご来店くださいましたよね? いつもありがとうございます」と話しかけてくれた店員さんがいました。私はその日以前にそこで買い物をしたことはなかったと記憶しています。満面の笑みにつられて「ええ、よく来るんです、また来ます」と返事をしました。こちらの身に覚えがなかろうと、あんなにかわいいおねえさんが覚えていると言うのだから、私は彼女に会ったことがあるに違いありません。