ひらログ

おひまつぶしにどうぞ。

ポストチラリズム

 道路に面した衣料品店の駐車場をバスから見下ろすと、ひとりの女の子がお召し替えの真っ最中でした。中学生であることは学校名入りのジャージからわかります。少女らはみな、服のなかで服を着替える早業を身につけているものです。素肌を見せることなく器用にトップスを替えて、脱いだものを車内に放り込んでいました。どうして車があるのに外で着替えていたのだろう。

  中学生のころ、男女とも同じ教室で着替えていました。見られてもかまわないものを下に着ているからと、女の子も平気でいました。あのころはそれでよかったのです。しかしながら、無邪気であることが物を言う時代は、21歳のわが身を通り過ぎました。大人の持つ危なっかしさはだらしなさと紙一重です。まいっちんぐマチコ先生が現実に存在したらと想像してみれば、よくわかるでしょう。

 見たくても見えそうにないものだけが、心の底から見たいと思われるのです。見られてもかまわないものであろうと、見せるまいとせねばなりません。見てほしいのならばなおさらです。ちらりとも見えなイズムの信奉者たる私の、これは宣言です。