ひらログ

おひまつぶしにどうぞ。

夏のせい

 夏のせいでしょうか。期末レポートが残っています。靴下に穴が開きます。自転車のそこらじゅうががたついています。私のせいでしょうか。

 われわれが、短気、軽はずみ、無気力、ふしだらであるのを、すべて自分のせいにされることに対し、夏は怒りをあらわにしてしかるべきです。夏を歌った歌における夏の不当な扱いは、目に余るものがあります。すっぽかした約束も、身の程知らずの恋も夏のせいにするおじさんを知っています。

 一方、なにもかもを夏のせいにする話法は、すぐれていると認めざるをえません。だれにもどうしようもないものを使うところがずるい。酔いのせいにするより、しかたないねと言いやすそうです。かぎりあるものを使うところもずるい。夏が終わったらおしまいだよ、というわけです。終わって、必ずまた来るというところまで完璧。年ごとに「あの夏」が厚い層をなしてゆき、痛みと恥は相対的に薄れます。はじめに夏のせいと言い出したのは、間違いなくずるい大人です。

 手にしたそれなりに輝かしい現在を、ひと夏に収斂させたくありませんから、夏のせいに私はしないのです。