ひらログ

おひまつぶしにどうぞ。

官能ジャズ

 ピアノの先生にジャズのワルツを聴いていただいたところ、「若いね」「色気がない」「それじゃマーチよ」とさんざんほんとうのことをおっしゃって笑われ、真実を言われて傷つかねばならないほどの、おのれの腕前に傷つきました。

 数日後、近所のCDショップで『官能ジャズ』というオムニバスを借りました。エロスに教科書を求める発想それ自体にちっとも色気がないのですが、その点には思い至らなかったのです。チェット・ベイカーを聴くようになった以外には、新たな発見はありませんでした。他のアルバムに比べ、とりわけ官能を刺激されるようにも感じません。そのおかげで、重大なことを思い出しました。官能的なジャズという言い回しは同語反復にすぎず、ジャズが官能的であることは自明なのだと。官能的でなければジャズでないのだから、私が弾いていたのはジャズではなかったのです。

 好みど真ん中のハスキーボイスに思考力を奪われながら、もうジャズはやらないと投げやりに思いました。それでも聴いているとまた弾きたくなってしまうから、ふしぎです。