ひらログ

おひまつぶしにどうぞ。

男だったら付き合いたい

 恋バナなるものについていけない、成長の遅い中学生でした。反応にかわいげがないから、私をからかってくれる子はひとりもいませんでした。ちょっかいをかけられたくて「好きな人いるかも」と嘘をついてみたところ、だれだとお調子者がしつこく尋ねてくれたのですが、いないものは答えられません。むこうもこちらもすぐに飽きてしまって、休み時間が終わらないうちに、悩める友だちの内緒話を聞くだけの仕事に戻りました。

 だいたい、自分は男の子を好きになるのだろうかということも、はっきりしていなかったのです。「あなたが男だったら付き合いたい」とよく言われました。「あなたとは付き合えない」の言い換えにすぎない冗談です。英文法の授業で名前を聞くより先に、女の子たちから仮定法を教わっていました。

 生産性のないこれらのやりとりから私が学んだのは、「ここだけの話」は拡散するということと、ほんとうの望みは叶うまで口にしないのがよいということです。「聞いてないよ!」と頻繁に言われるようになったのも、「言っていないからね」「じゃあいま言ったよ」などと返事をするのも、そのころからです。