ひらログ

おひまつぶしにどうぞ。

夏休みの宿題

 小学生から高校生までがみんな学校に通い始めても、夏が終わっても、わが夏休みは続いてゆきます。私はいま、いわゆる人生の夏休みの夏休みにいるのです。勉強や旅行ができるのは大学生のうちだけでもないと、最も身近な人生の先輩たる両親が身をもって示してくれるので、心安くたくさん寝ています。おかげで、ほしいものはとくにないのに、タイムセールの呼び声につられてしまうみたいなことはありません。

 では、いましかできないことはなんだろう。大人に甘えること、身分証に守られること、どちらに進むか決めかねること、失敗をしても恥をかくだけですむこと、別れを経験してもほんとうの孤独にはならないこと、ろくでもないことばかり思いつきます。ろくでもないことをやれる最後が、大学で過ごす時間なのでしょう。

 これからのことを考えるのが、この夏休みの宿題です。人に手伝ってもらえるものではないので、もてあまして先延ばしにしています。進学して研究がしたい。そのさきは? 研究職かというと違うかも。とりあえず、ばんごはんの時間に帰宅できないなら、そこでは働かない。なにがしたい? ごきげんでいたい。おかえりと毎日言われたい。それでいいのか? だめかな?