ひらログ

おひまつぶしにどうぞ。

背伸び

 昨日からなんとなくだるくて、アルバイトをする以外はずっと家にいました。ここのところ、ロイヤルホストと寿司屋を一日のうちに訪れたり、オセアニアスタイルのカフェで夕食にしたり、身の丈に合わないものを口にしていたせいかもしれません。未知の食材を取り込むのに疲れた身体が、不慣れなものをこれ以上食べさせまいと私を引き留めたのでしょう。倦怠感と贅沢な食事とは関係がないのだろうけれど、事象に原因を結びつけると半分は解決したような気になれるので、素敵すぎてしまったごはんたちのせいにしておきます。

 高いものの食べすぎはよそうと省みつつ、身の丈に合わないことをすすんでやるうちに、丈が伸びて追いついてきそうだとも考えました。おこづかいの500円玉だけが入った財布を握りしめて、どきどきしながらマクドナルドのドアを押した昼下がりだって、たしかにあったのです。オセアニアスタイルのなんたるかを知らずにカフェモカをすすっていた学生が、そのうち「いつもの」と言えばフラットホワイトが供される常連になっていることも、十分にありえます。でも、どきどきしなくなってしまうのはいやだな。身の丈に合わないこじゃれた店で、またばんごはんにします。