ひらログ

おひまつぶしにどうぞ。

さらっと弾くな

 ピアノは奥深い楽器です。演奏から、身体と心の状態が透けて見えます。いいときとだめなときは交互にかつ露骨にきて、なんとなく乗れない日というのがどうしてもあるのです。

 手抜きも隠し立てもなしだと心がけて弾いているつもりだけれど、もっと感情を表せと先生に言われ続けて10年近く経ちます。最近は「内面の情熱を音にするの」という難題を出されました。いつも、あからさまにはしゃいだりいじけたりしているのに、演奏はよい子でつまらないらしい。さらっとしゃべるのがかっこいいという思い込みのせいで、さらっと弾くことしかできないのかもしれません。もしかして、恥ずかしがって中途半端にやるからかえって目立ってしまう、いちばん恥ずかしいやつになっているのかな。

 弾いていると考えなしに楽しくなってしまうのもいけないのでしょう。どうしてもほしかったのにとか、もうひっぱたいてくれとか、居ても立ってもいられないとか、まれに思うことはあっても、鍵盤を前にすると凪いできます。情熱を抱いたまま弾き続けられる、あつい心の持ち主にすこしでも近づきたいところです。