ひらログ

おひまつぶしにどうぞ。

せぷてんばぁ

 寒いのは、さびしいのといまいち区別がつきにくく、一昨日の帰り道はひどくさびしかったです。布団にもぐったら、なんの屈託もなく数分以内に寝ついていたので、やはりただ寒かったのでしょう。けれど、あとでわかったところで、あまり役には立ちません。さびしいときに、これは寒いだけなんだと言い聞かせても、さびしさはぬぐえないのです。

 9月は胸に来ますね、とはよく言ったもので、終わりに向かってゆるやかに流れていくひと月であるように感じられます。張りつめた冷たさはまだなく、肌を灼く日射しはもうない。季節が表情を変える過程に、われわれは着るものに困りながらついていきます。どうせまた暑くなるんだ、などとぼやいているうち、ほんとうに半袖が着られなくなるのはいつだろう。

 寒いのはさびしいけれど、わが家をいとしくさせるから、嫌いではありません。人もいとしくなります。心ひかれあうことは抜きにしてとりあえずいちゃつきたいのなら、夏よりは秋のせいにしてあたためてもらったほうが、まだかわいげがあると思うのですが、そうでもないのでしょうか。