ひらログ

おひまつぶしにどうぞ。

守ってあげたい

 歩行中の男女と、自転車に乗ってすれ違うとき、つい男性のほうに目が行ってしまいます。夜道にて、徐行して頭を下げつつ、「ちゃんと彼女を守るんだろうな」とおにいさんを観察する自分に気づきました。性役割を拒むくせに他方とらわれてもいるのだと、すこし恥ずかしくなります。

 自転車というと、二人乗りをしていた高校生のことを思い出します。だらだらと続く上り坂、女の子がペダルをこいで、男の子は背中にしがみついていました。それを、珍しいものに出くわしたような気分で眺めていたのも、本来ならおかしな話なのかもしれません。大切な相手と危ない乗りかたをするなよと呆れてよく覚えていたというのも、もちろんあります。

 男の子、女の子と、指示対象をむやみに広げるからぼやけてきます。「男は女にやさしく」などと言うから、どちらからも、どちらでもない立場からも、受け入れられないのです。「私はほかでもないあなただけにやさしく」すればいい。昨夜すれ違ったカップルのおねえさんのほうは、彼に引き寄せられて驚いたあと、顔いっぱいに笑っていました。おねえさんがおにいさんの腕を引いたこともあるのかなと、妄想しながら帰りました。